COMPANY PRESS RELEASE

2020年9月15日

【企業情報】 当社は内閣府設置の「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に参画しました。

トラベラー株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役:大場 心樹/以下、当社)は、内閣府が設置した「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に参画いたしましたので、お知らせいたします。当社は着地型体験ツアーのHigaeriを通して、地域振興・地域創生ンのノウハウを、地方自治体へ提供することでSDGsの達成に貢献して参ります。

1.地方創生SDGs官民連携プラットフォームのご説明
地方公共団体・地域経済に新たな付加価値を生み出す企業・専門性をもった国内外の企業等の積極的な参画と連携により、日本におけるSDGs達成に向けた取組と、それに資する「環境未来都市」構想のさらなる推進を通じて、より一層の地方創生につなげることを目的に官民連携の場として、2018年8月に内閣府により設置されました。

□ 地方創生SDGs官民連携プラットフォーム:http://future-city.jp/platform/

2.地方創生SDGs官民連携プラットフォームへの参画について
この度、当社は内閣府地方創生推進事務局からの要望を受け「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に参画いたしました。当社は着地型体験ツアーのHigaeriを通して、地域振興・地域創生ンのノウハウを、地方自治体へ提供することでSDGsの達成に貢献し参ります。



 
内閣府 地方創生SDGs官民連携プラットフォーム
PageTop